About us

【池田クレモナ・モダンタンゴ音楽工房-ラボラトリ】は、アストル・ピアソラの生み出した『Nuevo Tango』を、さらに今を生きる私たちの現代クラシック音楽のジャンル『モダン・タンゴ』として前進させ、ピアソラの楽曲から、ジャズのスタンダードやクラシックの名曲まで幅広くアプローチをしている全員が女性の木管室内楽団です。


【クレモナ】の特長は5つあります。

① 国内で唯一のプロの「モダン・タンゴ」専門の木管室内楽団であること。

これまでのクラシックの編成にはない、フルート・ソプラノサックス・ホルン・ファゴットの木管四重奏を中心に、ピアノやバンドネオンも取り入れた様々な編成で活動をしています。


② 5人全員が20代前半の女子であること。

2015年3月発足当時は全員が大学生でした。


③ 全て、オリジナルの楽譜を使っていること。

楽曲は、ピアソラが作った少し古めかしいタンゴの音楽『Nuevo Tango』を現代の音楽として進化させ、全く新しいジャンルとして『モダン・タンゴ』を生み出し、クラシック音楽へと発展させるべく、全て書き下ろしの楽譜を使用しています。


④ この新しいスタイルの、新しい音楽がしっかりと音楽業界の中で評価されています。

第10回横浜国際音楽コンクール アンサンブル部門室内楽一般の部 第3位

第17回大阪国際音楽コンクール 室内楽部門 入賞

第23回ブルクハルト国際音楽コンクール アンサンブル部門 歴代最高位

第2回パンパシフィック現代音楽コンクール アンサンブル部門 入賞


⑤ 「モダン・タンゴ」を世界に広めようとしていること。

年2回のコンサートホールでの定期演奏会と、クァルテットを中心としたさまざまな編成(ピアノと管楽器のデュオなど)で、各種地域イベントや店頭での演奏、福祉施設での演奏などを含めて、年間100ステージ以上の本番をさせていただいております。


フルート:森脇 佑季(ゆき)

【クレモナ】インスペクター。

温厚でいて優しい、思いやりに満ち溢れたマシュマロ系フルート奏者。

柔らかな音色とキレのあるアタックで「モダン・タンゴ」の世界にさらに女性らしさと、強さを生み出す。

監督の自慢っ子。


Twitter


ソプラノサックス:上野 舞子(みーこ)

【クレモナ】コンサートミストレス。

他のメンバーの追随を許さない圧巻のテクニックと表現力で「モダン・タンゴ」の世界を大きく飛躍させる。

初代ピン芸人。タイプライターも得意。


ホルン:松田 あやめ(あやめ)

【クレモナ】広報担当。

最近は「監督に似てきた?」と言われるほどピリ辛トークが板についてきた。

クセのある木管楽器それぞれの音色(奏者)を陰日向に包容力のある演奏でまとめ上げる。

2代目ピン芸人。アダルトチーム代表。


ファゴット:久保田ひかり(ぴかりん)

【クレモナ】バンドマスター兼コーヒー主任焙煎士。

驚異のタフさとアクの強すぎる意志は【クレモナ】の原動力。

「コーヒーと音楽の融合」について日々研鑽中。

三枚目担当。


【クレモナ】の工房。「Luke Cafe」

わたしたちが敬愛する、監督のブログ。