2018年2月11日|公開練習とバレンタイン対決

【池田クレモナ・モダンタンゴ音楽工房-ラボラトリ】バンドマスターのぴかりんです。


建国記念日の昨日は公開練習&バレンタイン対決でした。

みーこゆきの2人が社会人になると、スケジュールの調整でやはり定期的に公開練習ができることも少なくなります。

一回一回の本番はもちろん、一度一度の練習をどれだけ大切にできるかについてたくさん考えました。

万全のコンディションで臨まないと、練習を無駄にしている気がしてきて、自分の中で少し焦りが出た練習でした。

お客さまに楽しんで頂く前提として、「演奏は国内最上級のレベル」でないといけないと思っています。そうでもない限り、プロの演奏とは言えないし、お客さまからお金と時間を頂いて演奏してはいけないと思うのです。

「音楽の96%は技術である」

というのは久石譲さんの言葉ですが、自分たちはその96%を充分に達成できているだろうか。

このあと練習が減って、そこできちんとしたレベルの本番ができるのだろうか。

3月までにきちんと創り上げなければいけない音楽があります。

【クレモナ】の基礎固めをしないといけない今、練習に対する準備はできているか、充分か、甘えはないか、おろそかにしている部分はないか。

4人になったからこそできるようになったこと、また、できなくなったために、やらなければいけなくなったことがたくさんあります。

けれどもやらなければいけなくなったことは、自分たちの技術があがることで、クリアできて、必要以上にレベルアップできることなのだと思います。


さあ、沖縄も近いぞ!


全力で【クレモナ】に取り組みたいと思います。


そんなこんなで



バレンタイン対決。

かなり女子力高いと思いません?(笑)

結果は明日まで持ち越しになりそうです!(笑)

まだ食べてない人、食べに来てくださいね。


バンドマスター ぴかりん

【池田クレモナ・モダンタンゴ音楽工房-ラボラトリ】

池田クレモナ・モダンタンゴ音楽工房

0コメント

  • 1000 / 1000